おがわめぐる
織河めぐる

編集 履歴

登場作品 eBASEBALLパワフルプロ野球2020
登場シナリオ パワフル農業大学編
所属 パワフル農業大学
ポジション 監督、投手
利き手/足
誕生日 不明

概要

いつもぽーっとして何も考えてなさそうなパワ農野球部の監督。楽しい野球がモットーで、部員たちの行動にあまり口出ししない。(パワプロ2020公式サイトより)

 母校であるパワフル農業大学の野球部で監督を務める女性。普段はおっとりとしていてマイペース。一見何も考えていなさそうですらある。しかし、優れた観察眼で部員の性格や得手不得手を熟知し、行動を巧みに操ったり、弱点を突いた的確な采配をしたりするなどしたたかな一面を持つ。また、いたずら好きであり、嘘泣きしてみせて相手の動揺する様を見るのが大好き。もう少なくとも三十路近いはずなのだが……。

 パワ農の伝統である楽しくのびのびをモットーに放任主義を貫いており、チームは長らく弱小のままであったのだが、主人公が表明した強くなりたいという熱い思いに衝き動かされ、パワ農の特色を活かした独特な練習法で部員たちを鍛え上げていくことになる。
 ただし、決して押し付けるようなことはせず、そういった練習法を思いつくように誘導したり、勧めたりするだけで、基本的には練習でも試合でも部員が自分で考えて行動するに任せている。パターナリスティックなスパルタ指導を嫌い、個性や自主性を重視する彼女らしいやり方と言えよう。
 部員たちのことを「タネ」などのように植物に喩えるところにも、育てるのではなく育つよう見守るというその信念は表れており、慈愛に満ちた眼差しで彼らの成長を見守っている。

 人間に限らずハーブを育てるにしても丹念に思いを込めて世話をするような愛情深い性格をしており、主人公曰く甘やかし上手。料理の腕も確かで、作中では豚汁やハーブ料理を振舞い彼を唸らせる。また、野球一筋でお洒落な服装とは無縁の人生を送って来たにもかかわらず、大学生の主人公とカップルに間違えられるほどの若々しいルックス、美貌を維持している。
 CVは榎吉麻弥。






※※※以下ネタバレ※※※




獅乃木との関係

 彼女の方針が誤っていることを示すため、弱小のパワ農野球部に並々ならぬ対抗心を燃やすなど、メガロポリス学院大のエース獅乃木から異常なほどの執着を受けている。
 実は、中学野球部時代、監督として指導に当たっていた織河の反スパルタ的な姿勢に反発して部室立て籠もり事件を起こした獅乃木を庇って彼女が辞任してしまったという過去があり、彼の心には大きなわだかまりが残っている。
 また、織河も獅乃木が取り上げられたニュースをチェックするなど、度々彼のことを気にかけており、特別な教え子と思っているようである。
 『秋季全国大会 決勝 試合後』のセリフによると、どうやら彼がチームワークや野球を楽しむことの大切さを理解していないことが心残りだったようで、彼女にとって獅乃木はいわばひねくれているがゆえに気がかりな「タネ」だったのだと思われる。

 自分にとって不要な物はゴミ呼ばわりやカス呼ばわりして容赦なく切り捨てる獅乃木が、野球部分裂などの手段に訴えず、言うことを聞かせるためにわざわざ部室立て籠もり事件を起こすほどの執着を見せた以上、(サクスペのイベントで強く否定してはいるものの)中学時代の彼にとって織河は淡い好意の対象であった可能性が高い。
 もちろん強くなりたかった、というのが第一の動機ではあろうが、嘘泣きなどでからかって彼の純情とプライドを傷付けてしまったことも反抗の一因になったのではないか、と考えられる。

主人公との関係

 主人公ははじめこそ彼女のやり方や熱意に対して懐疑的であったが、「楽しみながら強くなる」ことを目指して共にチーム強化を果たしていくうちに熱烈な信奉者となって獅乃木との対決姿勢を深めていく。
 物語序盤のうちから織河のことを異性として意識する描写はあったが、好意を持たれているのではないかと期待したり、お見合い話の噂にやきもきして矢部の早とちりだったとわかると安堵したり、あるいは慈愛の眼差しで見守られる獅乃木に嫉妬するような素振りを見せたりと主人公が彼女に対して恋愛感情を持っているように取れる描写が中盤以降増えていき、展開によっては織河と両想いになることさえある。サクセス史上、彼女候補以外の特定の女性キャラクターに対して主人公がスケベ心以上の露骨な恋愛感情を能動的に示すのは非常に珍しいことであり、特筆すべきと言えるだろう。

 織河の方も、死闘となった紅白戦と「一緒にプロを目指しましょう!」という主人公の冗談をきっかけに、彼は自分が教え導く「タネ」以上の存在であり、漫然とのびのび野球に甘んじていた自分に影響を与えて変わるチャンスをくれた一人の特別な男性であると認識し、恋心を自覚するようになる。

まとめ

 獅乃木の「(楽しむことなどムダで)ただ強くなりたい」という立場と織河の「(強くならなくていいから)楽しんで野球をしたい」という立場はどちらも極端な物として描写されており、パワ農シナリオにおいては主人公の情熱と織河の創意工夫、そして自然の中育んだ強固なチームワークによってパワ農野球部が「楽しみながら強く」なったことで、それらの相容れない理想が止揚されて1つの解決に至ったと解釈することが出来る。

 パワ農のシナリオを織河の物語として総括するならば、愛情深い性格と少年野球時代に受けたスパルタ指導への反発から誰も落ちこぼれないのびのび野球を推し進め、勝ちにこだわるとか強くなりたいという意味での野球への真剣さ(※主人公は獅乃木のことを野球に対して真面目と評している)は失い気味であったが、主人公と二人三脚で「楽しみながら強くなる」野球を模索してチーム強化に励むうちに真剣さを取り戻していき、勝利への執念を見せるまでになる。そして彼への恋心を自覚し、秋の神宮大会で優勝した場合には別れを惜しみ想いを伝える、となるだろう。






※※※以下オマケのイベント解説※※※




パワフル農業大学編

メインストーリー

『のんびりとした日常』

 野球部のダラけた空気に焦りを感じる主人公。強くなるために練習量を増やすべきだと織河に直訴するも、野球は楽しいのが一番だという彼女は、食い下がる主人公を嘘泣きであしらおうとする。それでも諦めない主人公に「厳しい練習をしたからって、絶対にプロになれるわけじゃないのよ?」「○○くんが望むような練習に、他のみんなはついて来れるかな?」と核心をついた指摘。彼は苦し紛れに「みんなが楽しみながら強くなる練習があればいいんじゃないですか!?」「オレが、絶対見つけ出してみせます!」と啖呵を切り、流石の織河も熱意に押されて何か考えてみると約束する。

ふふっ、じゃあ、私もなにか考えてみようかなぁ。監督だもんね。

『実習練習 春』

 「楽しみながら強くなる」方法が思いつかず、リラックスのために深呼吸をしていた主人公の前に織河が現れ、彼女も深呼吸をしてみせた後、パワ農には都会では感じられない四季折々のいろんな個性があると彼に語りかける。
 それを聞いた主人公は実習授業と練習を組み合わせた実習練習の導入を思いつき、手始めに森林調査を練習に取り入れることを提案する。

『大学日本代表』

 大学日本代表に参加する獅乃木のニュースをいつになく真剣な表情で見ている織河。そこへ主人公がやって来たので、慌ててテレビの電源を消し、自分も日本代表みたいな大舞台で活躍したいと語る主人公を夢が叶うといいねと励ます。

『実習練習 夏』

 織河の勧めで土作りと整地をすることになった野球部。このままのペースでは日が暮れるまでに終わらないと効率的に作業を進める方法を相談し合う部員たちを見て、「ふふっ、考えてる考えてる」と織河はご満悦。

『実習練習 秋』

 織河が地元の農家に話をつけ、野球部一同は果物の収穫をすることに。よく許可がもらえましたね、と訊く主人公には「ん~・・・私が可愛いから・・・かな?」とふざけて返すが、やって来た農家のおじさんは織河のことをめぐるちゃんと呼んでおり、どうやら個人的なコネで話を付けた模様。
 収穫した果物を少し分けてもらっておじさんに「負けたら承知しねぇぞ!」と発破をかけられ、主人公はますます負けられない、と勝利への思いを強くするのであった。

『秋季リーグ 1回戦』

 迎えた秋季リーグ初戦、強豪メガロポリス学院にコールド負けの惨敗を喫し、悔しがるパワ農ナイン。そこへ獅乃木が姿を現し、相変わらずのヌルい指導でこの体たらくなんだから二度とリーグ戦に出てくるなと織河を詰り倒す。それに憤慨したパワ農ナインに対しても負け犬のゴミ呼ばわりし、「くやしかったら勝ってみやがれ!」と挑発。
 パワ農ナインが憤慨する一方、織河は獅乃木はかつての教え子だと説明しつつ、成長した彼の姿に目を細める。獅乃木への嫉妬心が芽生えたのか、ここで急激に怒りが込み上げて来た主人公は、メガロポリス学院大へのリベンジを誓うのであった。

『新キャプテン』

 4年生が引退し、織河はパワ農野球部の雰囲気にふさわしいと主人公でなく和良比を新キャプテンに指名する。

『廃部決定』

 メガロポリス学院への敗北を引きずってか部の雰囲気はピリピリしており、新キャプテンに就任した和良比はイマイチ頼りない。
 そんな中、野球部の廃部が決定したとの一報が入る。織河の語る所によると、彼女が上層部に掛け合っても「結果が残せない部に価値などない!!」と聞く耳を持たれなかったらしい。悄然とする部員たちに彼女は嘘泣きを披露しつつ楽観的な言葉をかけるが、彼らにはやる気がないように映ってしまい、雰囲気は最悪になってしまう。

でも・・・やっぱり私の力不足なのよね。
みんな、ごめんね~・・・
あはは、ビックリした?
暗くなっててもしょうがないわよ。
きっと・・・なんとかなるでしょ。

『再始動』

 和良比や玉根らすらもグラウンドに姿を見せず、ついにこの部も崩壊かとショックを受ける主人公に織河は「絶対戻ってくるわよ」と予言。そのときちょうど彼らがやって来て、野球部存続のための署名活動を始めたことを説明する。何でも部室のPCに表示されていた署名フォームのページがヒントになったらしい。織河は部員たちの行動力に感心してみせ、地域の人脈と自分たちを繋いでくれた実習練習を閃いた主人公を褒める。

『実習練習 冬』

 今度は牛の世話をすることに。実習練習を通じて部員たちに自主性が芽生えてきたことを感じた彼女は次なる手を打たねばと考えを巡らせる。

『春季リーグ戦 最終戦』

 春季リーグ戦を終え、主人公と矢部は全国大会出場を逃したメガロポリス学院について談義する。チームの連係は悪かったらしいが、やはり個々の力は素晴らしい。獅乃木が海外遠征でいなかったとはいえ、健闘を見せたメガロポリス学院は油断ならない。見返すくらいの気持ちで練習してやろう、と主人公が言うのを聞いて、「・・・・・・放っておいても勝手に気づきそうね。ふふっ、いい感じだわ~」と織河は微笑む。

『新入生』

 廃部が決まっても諦めずに戦う姿に感銘を受けて大勢の新入部員が入部したことに感動する主人公たち。みんながチームのために頑張ったからだ、と織河は声を掛け、それを聞いた主人公は自分たちの強みは実習練習や署名活動を通じて培ったチームワークだということに気付く。彼女はそれを「ワンチーム」というスローガンにまとめ、パワ農ナインは「ワンチーム」でメガロポリス学院に勝つことを誓う。

アナタたち全員の力よ。みんながひとりひとり、チームのことを考えたから。みんなが・・・ね。

『獅乃木現る』

 単身パワ農の練習グラウンドに乗り込んできた獅乃木。楽しい野球なんておめでたいお題目では強いチームは作れない、とまたしても織河を挑発。動じず嘘泣きでからかう彼女に怒って、中学時代の恨みつらみを吐き出す。「その様子じゃ、今もきっとあのときと同じ過ちを繰り返してんだろうな!」という彼の言葉に主人公が噛みつき、織河と作り上げたやり方でメガロポリス学院に勝つと宣言してみせる。
 彼が去った後、織河は獅乃木が自分に反発して立て籠り事件を起こし、勤めていた中学の野球部が廃部の危機に陥ったことを語る。パワ農ナインは全国優勝を成し遂げて彼女のやり方が間違っていなかったことを証明すると誓い、主人公は「オレ自身、アイツには負けたくない!」と闘志を燃やす。

だって~、私は厳しくするの、きらいなんだもん。
楽しい野球が好きなんだもん。

『2人の想い』

 秋のリーグ戦に向け奮発して都会の良い店で決起会を行ったパワ農ナイン。帰り道で皆とはぐれてしまった主人公はランニング中の獅乃木と出くわす。獅乃木は主人公の名前すらも覚えておらず、勝つために全力を尽くしてる自分に比べていかにパワ農野球部が甘っちょろいかを熱く語り、まさに眼中にないといった様子。主人公は彼の語った勝利への執念に感心しつつも、彼と織河の確執について一言物申す。

  • 「お前にも一理ある」の選択肢では、獅乃木の言い分にも一理あることを認めつつもチーム全員で勝つことが重要だと主人公は語る。こちらの選択肢を選ぶと、織河エピローグのフラグが折れてしまうので以下割愛。
  • 「お前は間違ってる」の選択肢では、中学時代の獅乃木の強引なやり方を非難するも、「ひょっとしてアイツに惚れてんのか?」とからかわれてしまう。「ま、まあ、確かに優しいし、素敵だな、って思うことはあるけど・・・」と結構満更でもなさげで目尻は思いっきり垂れ下がっており、この期に及んで色恋に気を取られているなど馬鹿らしいと呆れた獅乃木に置いていかれる。そこにちょうど織河が現れ、主人公は大きく動揺。「獅乃木のヤツが変なこと言うから、意識しちゃうじゃないか・・・」と独りごちるのであった。

『秋季全国大会 決勝』

 ついに迎えた全国決勝、獅乃木は「せいぜい悪あがきするんだな」と挑発して去って行く。織河は教え子対決の実現に無邪気に喜び、主人公というライバルが出来たおかげで獅乃木もいい目をするようになったと彼に感謝を述べ、これまでの集大成を見せてこいと激励。パワ農とメガロポリス学院の全員で野球を楽しんでくる、と主人公は答える。

秋季全国大会 決勝 試合後

『秋季全国大会 決勝 試合後(勝利)』

 勝利の喜びを分かち合うパワ農ナイン。一方メガロポリス学院ベンチでは獅乃木が怒り狂ってチームメイトに当たり散らしていた。そこへ織河が近付き、勝ち負けばかりにこだわっても仕方がないといい加減気付いただろ、と語りかけるが、彼にキツい口調で言い返され、またしても嘘泣きでからかう。
 獅乃木はまたしても中学時代の恨みつらみを思い出して、自分を庇って織河が中学野球部の監督を辞任したことを明かし、「テメェが、監督を辞めるなんて・・・そんなことになるなんて思ってなかったんだ!オレはただ・・・勝ちたかっただけなのに・・・!」と彼女に対する複雑な心境を吐露。あの頃と違い、今日はイキイキしていたと織河に褒められて驚きつつも、更なる進化を果たすと宣言して彼は去る。

・・・さっきの試合中、とっても楽しそうだったわよ、獅乃木くん。
あの頃のアナタと違って、イキイキしてたわ。
これからが楽しみね。

『秋季全国大会 決勝 試合後(敗北)』

 敗戦して悔しがりつつも皆で頑張ったことを誇りに思い笑顔を絶やさないパワ農ナインを見て、意味がわからないと気味悪く思う獅乃木に、そのうちわかるようになると織河は語りかけ、いずれ本当に大切なことに気付いてくれることを願う。

アナタにも、そのうちわかるわよ。
あ、もしかして今もわからないフリしてるだけだったりして~・・・

なにも思わないなんてこと、ないよね。

『世界大会1回戦』

 主人公が大学日本代表に選ばれ、嬉しさのあまり号泣する織河。主人公は嘘泣きじゃないですよね、と訊ねるが、彼女が本当に喜んでくれていることを悟り、もらい泣きしそうになる。

うう・・・
そんな余裕ないぐらい、うれしいんだから~。

『世界大会決勝』

 パワ農ナインと一緒に現地で観戦し、よく頑張ったと主人公と獅乃木を褒め称える。
 世界大会での共闘を通して獅乃木も絆され、「ケッ。ちょっと一緒に戦っただけで仲間気取りか。甘っちょろいな。だが・・・まぁ、そういうのも悪くねぇかもな」とデレる。

エピローグ

『エピローグA』

 野球部の存続も決まり、明るい未来に胸を膨らませる主人公たちを応援する。

あなたたちの花が、これからどんな実をつけるのか・・・
楽しみにしてるわよ~。

『エピローグB』

 廃部は免れたものの規模は縮小することになり、落ち込む主人公たち。「次こそ花を咲かせる」と織河はもう弱小に甘んじ続けるつもりはない様子。

次こそ花を咲かせるために、また種まきからやり直し、ってとこかな~。

『隣町のショッピングモール』

 主人公、稲穂、織河の3人で隣町に出来た大型ショッピングモールへ向かい、選択肢によっては織河と2人でモールを回ることになる。
 「ちょっと若すぎるかな~・・・」「こういうかわいい服、着たことがほとんどないのよね。興味はあるんだけど・・・」とフリルのついたワンピースを物欲しそうに見つめる織河。店員に試着を勧められるのだが、この時、主人公とカップルであると勘違いされ、「か、彼氏じゃないです」と動揺した姿を見せる。
 結局店員と主人公に押し切られて着る羽目に。「思った通り、似合ってましたよ!」などと言葉を交わしイチャつく監督と教え子であった。

『季節の味わい』

 近所の農家からもらった食材をみんなで料理することになり、リーダーを主人公が選ぶ。選択肢によっては織河に頼むことができ、彼女お手製の豚汁に「すごく優しい味がします!」と主人公は舌鼓を打つ。
 このとき、彼女が「○○くんの好みの味だった?」と尋ね、主人公は「はい!とても!」と答えるのだが、織河の評価が一定以上だと「ふふっ、じゃあ覚えとかなきゃね」と追加のセリフが発生する。

個人シナリオ

『のんびり仲良く』

 球拾いすらテキパキ終わらせられないたるんだチームメイトとそれをニコニコ見守っている織河を見て「基本的にほったらかしなんだよな、この人」と危機感を覚える主人公。

  • 「注意した方がいいのでは?」では、そのまま織河のペースに呑まれてロクに練習できない。
  • 「オレが注意してきます!」では主人公が音頭を取ってしっかり練習をこなすことに。

 どちらにせよ、帰り際に昔からみんなで和気あいあい、のんびり楽しくがパワ農の校風なんだと織河に諭されることとなり、このとき同時に彼女がパワ農OGであることが判明する。

『チームワーク』

 生憎の雨天でグラウンドを使えない野球部。それでも練習に励みたいという主人公に練習方法を考えるよう織河は言いつけるが……。

  • 「普通の室内練習」の選択肢では、主人公の答えに従い普通に練習することに。つまらなさそうな部員たちを巧みにモチベートし、楽しみつつも野球に活きるような練習をできるよう計らう織河。それを見て彼女は本来すごい人なのではと思う主人公であったが、矢部を無邪気にからかう姿を見て、考え過ぎかなと思い直すのであった。
  • 「楽しく出来る練習」では、主人公の答えに従い楽しく練習することに。その内容とは部員全員参加のジェスチャーゲームで、織河が顔を近付けてお題を告げた際、主人公は「監督の顔が近くてドキッとしちゃったよ・・・」と意識してしまう。いざやってみると、意外と意思疎通の練習になっていることに気付いた主人公は、巧みに部員をモチベートするなんて織河はすごいのではないかと思うが、矢部を無邪気にからかう姿を見て、考え過ぎかなと思い直すのであった。

成長できる環境

『成長できる環境1』

 作物を育てつつ練習する部員たちに触発されてハーブを育て始めたという織河。音楽を聴かせて育ててみたいらしく、何を聴かせるべきか主人公の意見を聞く。

  • 「クラシックを聞かせる」の選択肢では、主人公曰くおどろおどろしい、織河曰く人の手に見える形に育つ。
  • 「ヘビィメタルを聞かせる」の選択肢では、とげとげしいヤンチャな感じに育つ。
  • 「水やりの度にほめる」の選択肢では、織河曰く素直で賢い感じに育つ。香りが良いので料理に使ってもよさそうだ、と主人公が言うと、「食べちゃうの?」とショックを受けたフリをして嘘泣きし、彼をからかう。

ええ?これ、食べちゃうの・・・?
私の子供みたいなものなのに・・・
うう・・・

へへ、ダマされた?

 いずれの選択肢を選んでも、彼女はしっかりと愛情を注いで育てたと語り、その温かな表情を見た主人公は「優しい笑顔だなぁ。こういう愛情が、オレたちにもかけられてるのかもしれないな・・・」としみじみ思うのであった。

でも、ちゃんと言われた通りに育てたのよ?
丹念に、丁寧に・・・
毎日毎日、この子たちが喜ぶように、ね。

『成長できる環境2』

 先日のハーブを使って料理を作りたいが、部員全員分くらいの量を作れそうなので手伝って欲しいと主人公に頼む織河。

  • 「手伝う」の選択肢では、2人で全員分の料理を作ることに。見事全員分作り上げ迎えた食事会で、口元に付いていたご飯つぶを彼女に取ってもらい、「監督って、甘やかし上手なのかな・・・」とにやける主人公であった。
  • 「手伝わない」の選択肢では、主人公に断られ、織河は2人分の料理だけ作ることにする。料理の味に感動する彼に、「どんどん食べてね。○○くんのために作ったんだから」と織河は優しい言葉をかけ、「オレのため、に・・・?ま、まさかそういう意味じゃない・・・よなぁ」と彼はにやけるのであった。

 明らかに主人公→織河の好意が強調されているイベント。

『お見合い』

 織河がお見合いをするとの一報を矢部がもたらし、モヤモヤした思いを抱く主人公。

  • 「引き止める」の選択肢では、結婚して欲しくないと織河を引き止める。
  • 「祝福する」の選択肢では、笑顔で彼女を祝う。

 いずれにせよ、彼女は相手にフラれてお見合いが破談になったと語り、「私は、タイプだったんだけど・・・」と涙を滲ませ、主人公はタイプという言葉にショックなのか嫉妬なのか判然としない動揺の表情を一瞬浮かべるが、すぐに嘘泣きと見抜く。
 バレたかと織河はお見合いをしたのは農家のおじさんの娘さんだと真相を明かし、今縁談を持ちかけられても、「植えたタネ」の面倒をもう少し見てあげないといけないから断るつもりだと語る。先日収穫したハーブ以外彼女の育てている作物に心当たりのない主人公は「なんかありましたっけ・・・」と訊ねるが、「ふふっ、おしえない~」といたずらっぽく笑う彼女を見て、「な、なんか可愛い・・・」とにやける。やけにニヤニヤしているけどそんなにホッとしたのかと稲穂に問われ、彼は「そ、そりゃまあ、監督が辞めずに済んだんだから、ね・・・」と答えるが、それだけが理由ではなさそうな様子。

今、私にお見合いの話なんて来ても、きっと断っちゃうと思うな。
ここに植えたタネを、もうちょっと面倒みてあげないといけないからね~。

 これまた主人公→織河の好意がやたらと強調されているイベント。これでは彼女候補の立場がない。

もう迷わない

『もう迷わない1』

 4年生になってから発生。突然上級生チームと新入生チームで紅白戦をすると言い出した織河。新入生に実力を見せてやると余裕綽々の主人公であったが、織河の的確な采配により新入生チームに敗れる。慌てた主人公たちは……。

  • 「チームワークを強化する」では、お互いの弱点をみんなで補い合おうと遅くまで残って連携の練習をする。
  • 「弱点を克服する」では、それぞれの課題を克服しようと遅くまで残って練習を重ねる。

 主人公は練習に手応えを感じ、次は負けないと意気込みつつも、これほどの優れた戦術眼を持ち合わせている彼女が、これまで采配を部員任せにしていたことを疑問に思うのであった。

『もう迷わない2』

 新入生に二度と負けまいと夜間特訓に励む主人公たちを見守って嬉しそうにする織河。彼女と談笑しているうちにこれまでの実習練習や署名活動について思い出し、実は要所要所で巧みに自分たちをモチベートするよう計らっていて、先日の紅白戦もその一環だったのではないかと気付いた主人公はそれを彼女に確かめようと思うが……。

  • 「ハッキリ聞いてみる」では、主人公たちがのんびり野球を脱却できるよう遠回しに指導していたのではないか、と単刀直入に尋ねる。
  • 「さりげなく聞いてみる」では、彼女の本音を引き出そうと誘導尋問を試みるが、上手くいかず結局単刀直入に尋ねることになる。

 彼女は「私のエゴなんだけどね~」と注釈しつつ、楽しい野球こそが理想で、決して練習を部員に押し付けたくはなかった、主人公の「強くなりたい」という言葉がなかったら彼女ものんびり野球に甘んじていたままだっただろうと語り、キャプテン選びについても、本当は和良比にするか主人公にするか随分悩んだことを明かす。
 主人公は紅白戦のリベンジマッチ開催を直訴し、織河は他の部員たちも続々同じことを頼んできたと明かして快諾。彼が去った後には、「いいチームになってきた・・・かな」と呟くのであった。

練習量が増えても、誰も文句を言わない・・・
そのつらさや苦しみすら、楽しんでるように見える。
・・・ふふっ、ちょっと前までは、のんびりやりたいでやんす~って言ってたのにね、みんな。

『もう迷わない3』

 ついに迎えたリベンジマッチ。主人公ら上級生チームは猛練習の成果を見せ付け、5点差と試合を優位に進める。上級生チームの押せ押せムードの中、なんと新入生チームのリリーフとして織河が登板。長年のブランクがあると言いつつも、打席に立った玉根が腰を抜かすほどの剛速球を投げ込み、その場の全員を唖然とさせる彼女。これで両軍の空気は一変し、試合は同点で最終回を迎えることになる。

 主人公の必死の走塁により上級生チームがサヨナラ勝ちを収め、熱戦はついに決着。主人公は織河とお互いを称え合い、今回の登板も例によって「点差のついた試合でも気を抜くなよ」というヒントだったのか、と尋ねるも、そんなつもりはなかった、主人公の影響で負けたくないという気持ちが湧いてきたのだとの答え。それを聞いた彼は軽い冗談のつもりで「じゃあ、オレと一緒に、監督もプロを目指しましょう!」と言うが、いつもの余裕はどこへやら、彼女は顔を赤らめ、うまく返事できない。主人公の去った後も胸の高鳴りが収まらず、「影響されてるだけじゃ、すまないかもね・・・」と自らの恋心を自覚するのであった。

・・・ううん、今日はヒントのつもりはなかったわ。なんだか負けたくなくって。
やっぱり私、○○くんに、影響されちゃってるのね。

一緒に、か・・・。影響されてるだけじゃ、すまないかもね・・・。

エピローグ『私が変われたのは』

 パワフル農業大学は秋の神宮大会でメガロポリス学院を破り優勝。無事プロ入りも決まった主人公と織河は卒業前最後の挨拶を交わす。主人公はどこで投手をやっていたのか彼女に尋ねるも、はぐらかされそうに。しかし、ちょうどやって来た農家のおじさんに、彼女が全国大会クラスの少年野球チームでエースを張っていたことをバラしてもらう。

 少年野球時代のスパルタ指導がイヤでしょうがなかったのが、楽しい野球へのこだわりの原点だと語る織河。普段と違ってやけに饒舌な彼女に主人公は違和感を覚える。
 彼への恋心を自覚した後も監督と選手として一定の距離感を保って接していた織河であったが、このとき、ついに彼への想いが堰をきって溢れ、涙ぐんでしまう。「こんな時にウソ泣きしないでくださいよ」と主人公にツッコまれるが、「違うよ、これは・・・ウソじゃないよ、ぐすっ・・・」と泣き止まず、そして、ついには「・・・だって、○○くんとは・・・あなたとは、もう会えなくなるんでしょう・・・?」と募る想いを告白する。

  • 「そうですね」の選択肢では、自分はこの春からプロになるから、テレビで毎日見れる、と主人公は華麗にスルー。織河は涙を引っ込め、彼のプロ街道を応援する。めぐるファンの紳士諸賢はこんな選択肢を選んではならない……。彼女がいる状態でこのエピローグを迎えるとこっちの選択肢しか表示されないので注意が必要。

・・・・・・
そっか・・・
そうだったね。
私、アナタが出る試合は絶対見るから。
応援してるよ、○○くん。

  • 「そんなことないです!」の選択肢では、「いつでも会いに来ます!」「オレ、監督に会いたいから・・・」と主人公は彼女の想いに応える。嬉しさで再び泣き出す彼女に「いつものウソ泣きの方が似合いますね。監督は」と彼は少しキザなことを言い、(ギュッ!)と彼女に抱き締められつつ、必ず会いに戻って来ることを約束。高球必打のコツをゲットする。ん?

待ってるから・・・必ず会いに来てね。
絶対よ。

コンプ記念アルバム

 トウィンクルひかりこと越垣にチームの中で特に影響の大きかった選手は?と訊かれ、顔を赤らめる織河。顔が赤いと指摘され、必死にごまかそうとするが、かえって墓穴を掘ってしまうのであった。

・・・・・・
やっぱり、あの子かな。

戻る